神社・お寺紹介

奈良の人はココにお宮参り七五三に行く 春日大社編

春日大社さんについて

春日大社 奈良 神社 japan kasugataisya

【由来】
春日大社は、今からおよそ1300年前、奈良に都ができた頃、日本の国の繁栄と国民の幸せを願って、遠く鹿島神宮から武甕槌命(タケミカヅチノミコト)様を神山御蓋山(ミカサヤマ)山頂浮雲峰(ウキグモノミネ)にお迎えした。
やがて天平の文化華やかなる神護景雲2年(768年)11月9日、称徳天皇の勅命により左大臣藤原永手によって、中腹となる今の地に壮麗な社殿を造営して香取神宮から経津主命様、また枚岡神社から天児屋根命様・比売神様の尊い神々様をお招きし、あわせてお祀り申しあげたのが当社の始まりです。
御祭神である武甕槌命様・経津主命様は、日本の国を秩序ある国にするためにあらゆる神々と交渉され、平和裡に治められた功績ある神様であります。
また天児屋根命様は神事と政治を守り導かれる神様として、比売神様は天照大御神様だとも天児屋根命様の妃神とも伝えられています。
平和と愛の尊い神様であり、それぞれの霊験を仰ぎ御加護を頂いてまいりました。
この四柱の神々様は、それぞれ端正な春日造の御本殿(国宝)に鎮座されており、最も尊崇すべき神々として春日皇大神と申しあげ、また、春日四所明神、春日大明神と申しあげてまいりました。

御創建以来当社は、千古の森の中に朱の柱、白い壁、そして自然の檜皮屋根の本殿・社殿が往古と変わらぬ壮麗で瑞々しいお姿で鎮まっておられます。
これは、20年毎に斎行される式年造替という制度により、社殿の御修繕、御調度の新調、祭儀の厳修により日本人の命が連綿と受け継がれてきたからです。
これにより、清々しくも尊厳ある気が境内に満ち、神様の広大無辺なるお力や有り難さがしみじみと感じられる名社として今日に至っています。
また、全国3000に及ぶ春日の御分社、奉納された3000基の燈籠は、その厚い信仰の広がりを示しています。

そして今日も昔と変わらず、毎朝毎夕の神事の御奉仕を始め、年間1000回に及ぶお祭りが行われ、日本の国はもとより、世界の平和、万民の幸福、そして共存共栄が祈り続けられています。

平成10年12月には、春日大社や春日山原始林を含む「古都奈良の文化財」がユネスコの世界遺産に登録されました。

春日大社のご祈祷について

時間 9:00〜16:00
料金
小祈祷   5000円
中祈祷   10000円
大祈祷   30000円
特別祈祷  50000円
特別大祈祷 100000円
予約 予約無(受付された方から順番にご祈祷)
祈禱所
実は御本殿ではないところで祈祷が行われています。
祈禱所 春日大社 見取り図
このような建物でした◎
受付は建物内でされるそうです。
春日大社 祈祷所 japan
七五三のシーズンになると、休日はご祈祷のかたがかなりたくさん来られるので、
七五三の方だけ、御本殿近くの直会殿でご祈祷してもらえるそうです。
その際の受付は、祈禱所の前を通り過ぎて、御本殿に向かうと、門があるので、

春日大社の駐車場について
駐車料金:乗用車 1000円
大きな駐車場があります。
駐車場のおじさんに、「お宮参り・七五三で来ました」と伝えると、奥の駐車場を案内してもらえるそうです◎
トイレ付近の駐車場に止めるよりも、駐車場に入って、まっすぐのところにある地図の後ろの駐車場がおすすめです。
祈祷が行われる場所が、二ノ鳥居から入った場所ではなく、
駐車場に入ってすぐに、左に行ったところの先だからです。
ただ、トイレは先に行っておいた方が良いかもしれません。

【岡崎レポ】
春日大社といえば、かなり有名な神社さんですね。
土日は観光客がたくさん訪れ、七五三のシーズンになると、
参拝の方がかなりたくさん訪れます。
春日大社に行かれた方で良く聞くのは、駐車場までの道のりが、片道1車線なので、
かなり込み合うそうです…。1度入ると、前にも後ろにも進めなくなってしまうそうで…。
2016年には、駐車場にたどり付く事が出来ずに、終わってしまった…という方を1組聞きましたね…。
海外の方もたくさん訪れているので、
着物を着てお出かけする子様たちは、「Kimono girl〜♡」とかなりお写真を撮られているそうですよ。笑
ちょっとした、アイドル気分を味わえちゃいますね。

春日大社へのアクセス
スタジオオレンジから:車で10分(交通状況によります)
住所:奈良県奈良市春日野町160
TEL:0742-22-7788(9:00〜16:00)←ご祈祷などのご相談はこちらへ
HP:kasugataisha.or.jp