終活

  • HOME >
  • 終活 >
  • エンディングノートと終活写真

エンディングノートと終活写真

 

こんにちは、奈良市のフォトスタジオ、スタジオオレンジの岡崎です。
今日は、「終活に関する調査」という、全国の20代から60代の男女1,000人を対象に行われた、「終活に関する調査」とリサーチデータに、興味深いことが載っていたのでご紹介◎

皆様、〈終活〉という言葉はご存知でしょうか。
リサーチでは、「78.7%」の方が「知っている」と答えておられました。
〈終活〉ってそれほどメジャーになっているんですよね…。
終活は、「人生のエンディングを考えることを通じて“自分”を見つめ、“今”をよりよく、自分らしく生きる活動」という意味なんですよね。
“今”をより良く生活できるための活動なのですね。
そう考えると、重苦しいニュアンスが軽減しますね。
確かに、終活写真を撮影に来られたお客様の中に、「毎年撮影することで、ずっとキレイでいられる」とおっしゃられた女性の方もおられましたね。

では、いつ頃から皆さん終活を始められるのでしょうか…?
リサーチの結果によると、「55〜59歳」が6.2%なのに対して、「60〜64歳」が20.5%、「65〜69歳」が21.6%、「70〜74歳」が18.1%と「60代」が境目になっているようですね◎
なるほど…。

皆さんは、終活としてどんな行動をされているのでしょうか…?
1位 財産整理
2位 家の中の荷物整理
3位 エンディングノートの作制
おや、「終活写真を撮る」というカテゴリーが見当たらない…。
正直、少し予想外でした…。笑
エンディングノートはかなり認識されているようですね。
公式な書類ではないため、何でも書くことのできるエンディングノートは皆さん始めやすいようですね。

スタジオオレンジでは、やわらかい太陽の光の元、ゆっくりお話をさせて頂きながら撮影をさせて頂いております。
写真館独自の、堅苦しい雰囲気がありません。
お洋服もかっちりスーツでなく、ちょっとおしゃれ着くらいが丁度良いです◎
エンディングノートの1ページに、撮った写真と昔の写真を見比べてみるのも面白いかもしれません。

1人での撮影だと二の足を踏んでまうようでしたら、ご夫婦やご姉妹、お友だち同士で来られるものおすすめです。
ご夫婦で来られたら、写真を撮られている長年寄り添ったお互いを見てみることで、新たな発見があるかもしれません。

平日のスタジオオレンジは終活の方への、応援キャンペーンとして、平日限定のプレゼントもありますよ◎
まずは

「終活写真を考えていて…」

とお問い合わせ下さいね。

終活 米寿 長寿の祝い

今、活躍中のおじい様おばあ様へ。
スタジオオレンジは敬意を持って、終活写真を撮影させて頂きます。