スタッフブログ

ハーフ成人式は9歳?10歳?

こんにちは。スタジオオレンジの荻堂です。

もう5月も中旬、暑い日が多くなってきました。
汗かきな僕は今から対策をとっていく必要があります、、
また、夏になると服の衣替えや扇風機を出したりすることが多いですよね。
暑い夏を乗り切るために頑張っていきましょう!!

さて、本日はハーフ成人式についてお話をしていきます。

ハーフ成人式とは、成人式の半分

7歳の七五三が終わると、もう次は成人式…なんて思っていませんか?
そんなことありません!!
7歳の次は10歳、10歳の次は十三参り…お着物を着る機会はたくさん!

最近では、学校の催しとして20歳の自分に向けてのお手紙を書いたり、
2分の1成人証書を貰えたりする学校もあるそうです。
ですが成人年齢引き下げから、
催しが無い学校の方が多いのではないでしょうか?
そんな時こそぜひ!ご家族皆でお祝いしませんか?

いままでは10歳を迎えた子どもたちのための節目のお祝いでしたが、最近は9歳でされる方もいらっしゃいます。

いつの時期にするのか?

日本記念日協会に登録されている「2分の1成人式」は毎年2月1日。
「十歳(ととせ)の祝い」というのがあって毎年3月7日です。
登録日に行うというよりは、4年生の学年行事として、
または誕生日に合わせて祝われることが多いようです。
これまで小学生のイベントは入学と卒業の2回のみでした。
しかし2分の1成人式を入れれば、入学・七五三から3年・卒業まで3年
というちょうどいいタイミングで記念撮影の機会を設けられます。

ハーフ成人式ではどんな写真を撮るの?

ハーフ成人式は「成人式」という名前から、お着物のお写真を撮るのが主流です。
七五三とは違う、少し大人っぽくなったお着物姿にちょっとビックリしたり、、
ヘアスタイルも七五三のときと違うものを楽しんだり、
逆に同じものにして小さい頃との違いを楽しんだり。
いろんな楽しみ方を見つけてください!!

スタジオオレンジでは、肩上げを外した大人びた着物を手結びにてお支度します。